光初心者の方へ
初心者でもわかるフレッツ光のポイント
光初心者の方へ
光の開通方法
ADSLから光へ乗り換えする
はじめから光を開通する
光の開通方法
プロバイダーを選ぶポイント
プロバイダーを選ぶポイント
プロバイダーを選ぶポイント
  月額ランキング
  • ランキング
  ブロードバンドとは
  プロバイダを選ぶ基本ポイント
  失敗しないプロバイダの選び方
  ブロードバンド導入に必要なもの
  家のタイプ別でみる
  Q&A
  お勧めリンク集
  基本メニュー

住宅環境で選ぶ



インターネットの申込をするとき、料金、通信速度、ブランド、サービス、キャンペーンなどいろいろな面から検討されると思います。しかしあまり重要視されていなくて本当は非常に大事なのが、自分の住んでいる住宅環境なのです。


例えば、光ファイバーを導入したいと思ったとき、もしあなたが賃貸住宅に住んでいたとします。光ファイバーの導入には、建物に穴を開けたり、外壁にフックを取り付けたりする工事が必要になります。トラブルを避けるためにも事前に大家さんに許可を得る必要があります。


すでに光回線が導入されている建物は、マンションタイプといって安い月額料金でインターネットを利用できるケースがあります。しかしまだマンションタイプを利用できない建物も多く、料金の高い一戸建て用の光ファイバーしか契約できない場合もあります。


またADSLを利用する場合、通常は工事が必要ないのですが、ホームテレホンが導入されている環境では工事が必要になります。このように住宅環境によって向き不向きがありますので、よく調べておくことが大事です。