光初心者の方へ
初心者でもわかるフレッツ光のポイント
光初心者の方へ
光の開通方法
ADSLから光へ乗り換えする
はじめから光を開通する
光の開通方法
プロバイダーを選ぶポイント
プロバイダーを選ぶポイント
プロバイダーを選ぶポイント
  月額ランキング
  • ランキング
  ブロードバンドとは
  プロバイダを選ぶ基本ポイント
  失敗しないプロバイダの選び方
  ブロードバンド導入に必要なもの
  家のタイプ別でみる
  Q&A
  お勧めリンク集
  基本メニュー

インターネット回線とインターネット接続サービス



ブロードバンドを導入するには、インターネット接続サービスを提供しているプロバイダと、インターネット回線を提供している回線事業者の両方の契約が必要になります。


インターネット回線とは、インターネットに接続するための電話回線やデータ通信専用回線のことで、自宅からプロバイダのアクセスポイントの間に結ばれている回線のことを言います。ADSLやCAVT、光ファイバーなどがあります。ADSLは、すでに電話を引いている方は工事の必要はありません。しかしCATVと光ファイバーは工事が必要になります。


回線事業者で有名なのがNTT (日本電信電話株式会社)。他にもソフトバンクBB、イー・アクセス、アッカ・ネットワークス、トーカイ・ブロードバンド、コミュニケーションズ、エニルギア、KDDI、USENなどがあります。


よく「プロバイダ」という言葉をよく耳にすると思いますが、インターネット接続サービスを行っている会社がプロバイダです。インターネット接続用の通信回線を提供する業者で、電話回線やデータ通信専用回線などを通じて、企業や家庭のコンピュータをインターネットに接続するのが主な業務です。現在プロバイダーの数は、大小併せて約1000社と言われています。